スキンケアマニアの独り言

マカロン
ナポレオン
HOME => キメの細かいみずみずしい肌といえば

キメの細かいみずみずしい肌といえば

キメの細かいみずみずしい肌といえば憧れの的ですが、このキメと言うのは肌の上に見られる皮溝という細い溝のようになった線と、皮溝が区切る皮丘という部位で造られた模様のことを指します。

キメの整っている肌の表面では皮丘大きさの違いがあまりなく整然とよく揃っています。ところが、身体の外側にあり、バリアの役目をする表皮が乾燥し、荒れると、キメは整然とした様子を失い、形を保てずに壊れます。表皮の荒れを放置しておくと、表皮の持つバリアの機能もどんどん低下しますから、表皮に守られている真皮も、ダメージを受けてしまうことになるんです。

真皮がダメージを受けてしまうと、真皮の働きは肌を支える土台なので、土台が損傷を受けることで肌は支えを失い、表面にはシワができます。



紫外線を同じ時間浴び立とします。しかし、それによって現れてしまうシミは人によってそれぞれ違いが見られます。一言で言えば、性質としてシミになりやすい肌というものが存在していますからす。具体的にお話ししますと、きめの細かい白い肌を指します。

簡単な見分け方は、日焼けによって赤くなってしまうタイプの人です。



白くきめの細かい肌は美しいですが、それだけ繊細なんですね。
近年では、オールインワン化粧品がすっかり生活に馴染みましたね。
その中でもエイジングケアと称したオールインワン化粧品には、努力をしているようです。



コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドというような肌の保湿に関係するものが目立って見られますが、アスタキサンチンに話題が集中していることもあり、赤く染まったエイジングケア化粧品が人気になってきています。キメが揃った美しい肌は女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)が最も憧れる対象ですね。美しい肌を保つためには、1にも2にも保湿がとても大切です。
しっかりと潤いを保っている肌はハリのある肌はトラブルにも強いです。



また、保湿の為に知られていない必要なことは、UV対策です。紫外線は肌を乾燥させてしまいますので、適切に対策を立てることが大切です。

しわとりテープは顔のしわを隠して若々しい雰囲気にするので、某コスメ系タレントさんが本当に使える美容アイテムとして紹介していました。

シワがないと表情も明るくなるんですね(芸能人だからもともと綺麗だし)。
ただ、あまり長い時間使っているとただでさえシワのある部分の肌は薄いので、いくら肌に低刺激の素材といっても、貼っ立ところが荒れたり赤くなったりするようなトラブルが?!といったこともあって、メイクに支障が出ることもあるようです。カラコンなどと同様、しわ取りテープもトラブルが生じない程度に、自分なりのコントロールが必要でしょう。人による違いはあると思いますし、これはあくまで私個人の主観ですが、シワが顔と一体化し、顔の一部になる年齢は大体38歳だと思っています。


なに知ろ、この年齢になると体の疲れは中々消えてくれないし、目の下からどいてくれないクマや、見たくもないほうれい線が激しく存在アピールを初めるようになるんです。38歳になるまでは、肌の調子がとっても落ちていても、ケアを施せば次の日、疲れがとれてい立と思います。でも、38歳以降にはもう元の調子に戻るまで、相当時間を必要とするようになって、ずっと疲れたままになっていることが増えてきたように感じています。梅雨の季節に心配なこと。

それはカビではないでしょうか。蒸し暑い季節になると、私達の肌にいる常在菌も増えやすくなってしまうのです。
マラセチア菌と呼ばれる真菌に起因すると言われる皮膚病に「でん風」というものがあるのですが、これは顔、腕、足、オナカ、背中。
つまり、どこに出る可能性もあり、なのです。でん風の中には、一般的なシミとそっくりで茶色をしているものや、白い斑点のように色が抜けてしまうケースも存在します。
ただのシミと思わずに、よく観察してみましょう。
少しでも気になることがあるようなら、皮膚科を受診された方が良いでしょう。しわ取りテープは一部で大変人気のようですが、ご存知でしょうか。

貼るだけで顏のしわを取ってくれるしわ取りテープですが、実は以前、テレビでコスメ関連にとても詳しい芸能人によって説明されていましたが、自身も愛用しているということで、中々熱心でした。



顏のしわを伸ばしてテープを貼り付け、しわの矯正をするという趣旨の商品のようで、貼っている時は顔が引っ張られ、顔が引き締まった気がするそうですが、あまりにも長い時間貼り続けていたりすると、肌への良くない影響も出てくるようで、赤みやかゆみ、酷くなると湿疹などを起こす人がいてもおかしくありません。
しわ取りテープの使用でシワどころではない肌トラブルに!なんてことにならないために、使い方には注意が必要です。



敏感肌なら、乳液の材料は気になるものです。特に刺激がきついのは回避したほうがベターですね。

やっとこさ使用しても、ますます肌が不健康になっては不愉快です。
敏感な皮膚用の乳液も見受けられるので、そういうのを使うと快いかも知れません。



敏感肌の種類も人によりけりなので、自分に合った乳液を探し求めるのが大切だと思います。私の肌は乾燥しやすいので、肌の手入れにはオイル配合のものを使うようにしています。
オイルマッサージを行ったり、オイルを配合したパックを使ったり、また、クリームを使う換りとしてオイルを使用していますから、乾燥とは無縁の肌にすることが出来ました。いつもつるんとしている肌になれてとても嬉しく感じます。


関連記事

道
Copyright (C) 2014 スキンケアマニアの独り言 All Rights Reserved.